ビアンキ は2号さん? イントレピダがやって来た!

2017夏!今年は暑いですね〜((((;゚Д゚)))))))

こんなに暑いのに何で自転車こぎたくなるんでしょうね(笑)

 

実はですね

 

愛車

FELT F95 Tiagra

かなり気に入ってますが、多少ガタがきている事もあり、、、

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811202421j:image

新車が我が家にやって来る運びとなりました(o^^o)

 

側室は持たない主義でしたが、、

魅力に負けてしまいましたとさm(_ _)m

 

Bianchi  Intrepida Tiagra

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811202820j:image

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811202848j:image

一応、フルカーボンです。

 

こいつがなかなかの重カーボンで、完成車で8.9kg

F95とそう変わらない重量です。

 

でも、乗り比べて見ると双方の個性というか、違いが歴然としていて非常に面白い!!

 

【まずは振動!衝撃性】

 

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811203523j:image

F95は、フロントフォークはカーボンですが、あとはアルミ。結構振動がガツガツくる感じ。

特にサドルへの突き上げがズバンと来るので、体重移動による衝撃コントロールが上手くないと、やや疲れるかも。

 

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811204237j:image

intrepida  は、重カーボン!

軽くはないが、かなり衝撃を吸収してくれる。

 

第一印象

「なんちゅ〜やわらかさや」

 

タイヤが25Cという事もあり、今まで履いていた23Cと比べ余計にそう感じるのかも知れませんが、路面からの振動が相当にマイルド。

 

流石、エンデュランス設計!

長距離が疲れないように出来てます。

 

【加速性  反応敏捷性】

F95

フレームの魔術師フェルトが組むアルミフレームは流石としか言いようがない!

intrepidaに比べ格段にシャープに反応してくれる。

スタートダッシュしかり、30〜40kmへの加速反応もクイック。

改めて愛車の魅力に気付かされた。

 

intrepida

重フニャフレームだけあり、加速性はイマイチ。剛性が低いとこうなるのは分かっていたけどやっぱりか、、といった感じ。

ただし、巡行スピードが乗って来ると急に反応が良くなる。

スピード維持にも長けている。30km台をキープする力はなかなかのもの。

 

【登坂性】

F95

9k台後半の重量はシッティングにはやや辛い。

どインナーで登ってもシッティングでは登るもんじゃない。

でも、、、、ダンシングになると急変!

フレームのしなりというか反発が気持ちよく、グイグイ前?上?へ登っていく。

気持ちイイ〜ってなる!

 

intrepida

9k切ってるとはいえ重カーボン。

坂に強いとは言い難い。

が、しかし

しなやかに登るのです!

シッティングで登ってもそうしんどさを感じさせないのがスゴイ。

14kmの延々登り!どインナーだが、かなり楽に登れました。クルクルクルクル回し続けても全く足にこない!とにかく身体に優しい( ^ω^ )

坂において軽さは正義だと自覚しているが、加えて柔らかさも必要なのだと教えられました。

だけど、ダンシングは(大汗)

フレームが柔らか過ぎて力を吸収してしまう?くれる?ので、グンと前には行かないのが辛い。ダンシングしても思いの外登らないので、気持ちイイ〜とはならないけど、堅実にコツコツ行く感じは嫌いじゃない。

 

【総括】

いやぁもうなんというか、F95・intrepidaこの両者は全く違った個性の持ち主で、両極端な表情を見せてくれます。

 

どちらが正室でどちらが側室なんて決められないですわ。

なのでどちらも1号ってことで(苦笑)

 

用途別に使い分けて、楽しみの幅を広げて行きたいと思います!

 

 

 

姫路明石自転車道を自転車で走ってみたら

姫路明石自転車道を自転車でゆる〜く走ってみました。

 

と言っても姫路は御着の交差点からの出発です。

 

最初からわかっていたことですが、、、

新幹線の高架下を延々走るので、景色が単調で、、、ちょっと凹む。

あまりに景色が単調なので、二見をこえて海に出るまで全く写真を撮るのを忘れていました。

。。。

 

わかってましたが、、

歩道らしきものを自転車道に仕立て上げているので、継ぎ目やなんやで路面がガタガタ。

走っていてタイヤに気を使います。

 

いや、わかっていたことなのですが、、

ロードバイクにはあまりオススメできないかなぁと。

マウンテンバイクなら楽しいかも知れません。

 

二見をこえてからは川沿いを下って海に出ます。

この辺りからワクワクしだしました。

やっぱり景色って大切です!

川では川ガニをとってる人がいて、自分もやりたくなりましたよ。

 

海に出ると流石の開放感です!

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701192836j:image

 

瀬戸内の海を右手に見ながら明石を目指します。

源氏物語の明石の君は、こんな感じの所に住んでいたんだろうなぁと、昔に思いを馳せたりしました。

やはり、景色は大切です。

 

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701193642j:image

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701193634j:image

 

江井ヶ島に差し掛かった所に

 

江井ヶ島酒造!

ブルワリーの方やな。。を発見。

 

日本酒、ウイスキー、地ビールなどを製造している造り酒屋やんですね。

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701193906j:image

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701193910j:image

 

寄り道をしようかと思ったのですが、、

観光バスから沢山のお客さんが入って行くのが見えたので、今回はパス!

自転車だと飲めないので、これも合わせてパス。

 

明石と言えば明石原人や明石像が発掘された地でもあります。

なんと!

自転車道沿いに明石像の発掘現場がありました。

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701194318j:image

 

ゴールが近づくにつれて明石海峡大橋が大きくなって行きます。

それが何とも楽しい。

 

f:id:figaroarbacemaratesta:20170701194439j:image

 

海辺は 気持ち良いのですが、風が強く、また、路面がザラザラなのでちょっと体力が削られる感じ、、

しかし、景色が良いのでOK!

 

次に来る時は、車で大蔵海岸まで走って、海辺を往復する事にしよう(*´꒳`*)

 

 

 

加古川右岸自転車道〜播磨中央自転車道をポタ

6月は梅雨。。

曇天と小雨が降る中

加古川右岸自転車道〜播磨中央自転車道を探索してみました。


愛車は

FELT  F95 2011  年季物です(*´꒳`*)


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629165952j:plain

(職場のチャリ置き場なので、、荒れ気味)


人馬共に老体に鞭を打って、意気揚々と出発しました。

路面がウェット気味だったので、スリップには注意しなければなりませんが、身体がオーバーヒートしなくて良いので、僕的には楽な環境です。


我が家がある姫路の最東端から浜国をゆる〜く走って加古川まで、、


加古川は良い川ですね。天然の鰻が釣れて、ブランドらしいですよ。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629171702j:plain


右岸をひたすら溯上する感じです。


走り出して直ぐに〜平荘湖〜のカンバンが現れ、興味がそそられて寄り道。

キッツイ坂を登って到着。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629171926j:plain


なかなか趣のあるダム湖ですね。

一周回って走れるようになっていて、なかなか気持ちが良いです。


一回りしてからガーンと坂を下り、また加古川に戻っるかと思いきや、脇の小さな川を添い、脇道に逸れていきます。


そして現れたのが


権現ダム湖


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629172230j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629172303j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629172340j:plain


ダム壁がソーラーパネルで埋め尽くされていました。

この横をゆる〜いスロープ状に道が続いてポタラーにはかなり優しい環境です。


平荘湖がツンなら権現ダムはデレですね♫


湖畔が自転車道になっているので、これは秋などたまらないだろうなと思います。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629233646j:plain


ダム湖を半周した所で、播磨中央自転車道への分岐点があります。

加古川右岸自転車道はここから西へ向かい、終点は志方東公園まで伸びている様子。


この日は播磨中央自転車道に舵をとりました。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629234211j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629234232j:plain


やはり、道が変わると景色が変わる。


世界が広がったように感じ、また、急に風土記の香りが漂ってきました。

道中、いきなり古墳が現れたりします。

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629234341j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629234415j:plain


視界が広がると気分も高揚しますね。

しばらくは広大な田園風景が広がり、何とも雄大な気持ちになれます。

見渡す限りトウモロコシが植わっていて、北海道か!?と思うくらいです。

いいすぎか、、?

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629234705j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629234739j:plain


とにかく何かが急に現れるこの道!

北条鉄道の線路(単線)に出くわします。

2車両しかないローカルに出くわすと、テンションマックスです!

線路渡るだけでもなんか楽しい。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629235031j:plain


ここからは線路や川に沿ってひたすら走る感じでした。

しばらく川の横をチャリチャリ漕いで行くと鶉野飛行場跡というカンバンが目にとまり、また寄り道がしたくなってしまいました。


自転車道から左へ外れ5分ほどの所に

鶉野飛行場跡はあります。


終戦間際に特攻隊の飛行場基地としてあり、悲しい記憶の詰まった場所です。


実際に大地下防空壕が残されており、予約をすれば中に入れるそうです。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170629235700j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629235720j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629235747j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629235812j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170629235832j:plain


ふと隣を見ると、神大の試験農場が広がっていました。

のどか〜。。

なんとも複雑な気持ちにさせられた鶉野でした。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170630000043j:plain


自転車道に戻り、更に進むと川を外れて林の中へ、林を抜けると〜加西フラワーセンター〜にぶち当たります。


ここのカンバンがちょっとわかりづらくて、どっちに行ったらいいのか迷いました。

しばらく辺りをウロウロして、やっとルートに戻り


f:id:figaroarbacemaratesta:20170630000348j:plain


玉丘史跡公園に着きました。


ここも、、、古墳!!

考古学好きにはたまらんやろうなぁ。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170630000500j:plain

f:id:figaroarbacemaratesta:20170630000517j:plain


大型遊具もあって、子供づれにも良い感じの公園です。噂では、くたびれたヤギ(人気者)がいるとのこと(*´꒳`*)


もうここがゴールでいいやん。。。

とも思いましたが、、、

一応ここまできたら最後まで、、、

と思い。


f:id:figaroarbacemaratesta:20170630000818j:plain

いこいの村はりま


ゴール!


まで、たどり着きました。


到着した感想。

やっぱり玉丘史跡まででよかったやん。


でも、なんしか癒される場所ではありました。

f:id:figaroarbacemaratesta:20170630001044j:plain


早々にゴールを後にし、近くのマクドで遅い昼食。

出発地点周辺、ゴール周辺に飲食店等のお店があるのが良い感じですね。

道中はほとんどないですが、、、


後ははひたすら、ただひたすらに一般道を南西に下り姫路を目指したところです。

運悪く、我が家に着くまで帰り道はずっと向かい風!!

そして連なるアップダウン!


自転車道を戻ればよかったと後悔。。


しかし!ですね。

非常に楽しかった。

景色の趣きが変化していき、目にとまる史跡もあって、最高の自転車道でした。


また、季節を変えてチャレンジしたいと思います(╹◡╹)