ビアンキ は2号さん? イントレピダがやって来た!

2017夏!今年は暑いですね〜((((;゚Д゚)))))))

こんなに暑いのに何で自転車こぎたくなるんでしょうね(笑)

 

実はですね

 

愛車

FELT F95 Tiagra

かなり気に入ってますが、多少ガタがきている事もあり、、、

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811202421j:image

新車が我が家にやって来る運びとなりました(o^^o)

 

側室は持たない主義でしたが、、

魅力に負けてしまいましたとさm(_ _)m

 

Bianchi  Intrepida Tiagra

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811202820j:image

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811202848j:image

一応、フルカーボンです。

 

こいつがなかなかの重カーボンで、完成車で8.9kg

F95とそう変わらない重量です。

 

でも、乗り比べて見ると双方の個性というか、違いが歴然としていて非常に面白い!!

 

【まずは振動!衝撃性】

 

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811203523j:image

F95は、フロントフォークはカーボンですが、あとはアルミ。結構振動がガツガツくる感じ。

特にサドルへの突き上げがズバンと来るので、体重移動による衝撃コントロールが上手くないと、やや疲れるかも。

 

f:id:figaroarbacemaratesta:20170811204237j:image

intrepida  は、重カーボン!

軽くはないが、かなり衝撃を吸収してくれる。

 

第一印象

「なんちゅ〜やわらかさや」

 

タイヤが25Cという事もあり、今まで履いていた23Cと比べ余計にそう感じるのかも知れませんが、路面からの振動が相当にマイルド。

 

流石、エンデュランス設計!

長距離が疲れないように出来てます。

 

【加速性  反応敏捷性】

F95

フレームの魔術師フェルトが組むアルミフレームは流石としか言いようがない!

intrepidaに比べ格段にシャープに反応してくれる。

スタートダッシュしかり、30〜40kmへの加速反応もクイック。

改めて愛車の魅力に気付かされた。

 

intrepida

重フニャフレームだけあり、加速性はイマイチ。剛性が低いとこうなるのは分かっていたけどやっぱりか、、といった感じ。

ただし、巡行スピードが乗って来ると急に反応が良くなる。

スピード維持にも長けている。30km台をキープする力はなかなかのもの。

 

【登坂性】

F95

9k台後半の重量はシッティングにはやや辛い。

どインナーで登ってもシッティングでは登るもんじゃない。

でも、、、、ダンシングになると急変!

フレームのしなりというか反発が気持ちよく、グイグイ前?上?へ登っていく。

気持ちイイ〜ってなる!

 

intrepida

9k切ってるとはいえ重カーボン。

坂に強いとは言い難い。

が、しかし

しなやかに登るのです!

シッティングで登ってもそうしんどさを感じさせないのがスゴイ。

14kmの延々登り!どインナーだが、かなり楽に登れました。クルクルクルクル回し続けても全く足にこない!とにかく身体に優しい( ^ω^ )

坂において軽さは正義だと自覚しているが、加えて柔らかさも必要なのだと教えられました。

だけど、ダンシングは(大汗)

フレームが柔らか過ぎて力を吸収してしまう?くれる?ので、グンと前には行かないのが辛い。ダンシングしても思いの外登らないので、気持ちイイ〜とはならないけど、堅実にコツコツ行く感じは嫌いじゃない。

 

【総括】

いやぁもうなんというか、F95・intrepidaこの両者は全く違った個性の持ち主で、両極端な表情を見せてくれます。

 

どちらが正室でどちらが側室なんて決められないですわ。

なのでどちらも1号ってことで(苦笑)

 

用途別に使い分けて、楽しみの幅を広げて行きたいと思います!